2013年08月08日

「反海賊版法」の施行

ロシアから

 ロシアは「海賊版超大国」である。同国は、まず海賊版DVD大国にのし上がった。海賊版がひろがりすぎて、ついには「どこで正規のDVDが買えるかわからない」状態になったのである。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 海賊版DVD業界の栄華は永遠に続く、と誰もが思った。しかし、強力な敵が登場する。それが、「ネット海賊版」だ。

 ロシアではなんと、「現在上映中」の映画をネットでみることができる。日本やアメリカの映画、ドラマ、アニメも全部みることができる。状況があまりにもひどくなったため、ついにロシア政府は、「反海賊版法」を成立させた。そして、8月1日から施行されている。

 これは、海賊版映画、ドラマ、音楽などを取り締まる法律で、当局は違反したサイトを強制閉鎖することができる。

 ロシア人の反応はどうだろうか?

 Aさんは、「海賊版取り締まりが目的ではなく、反政府サイトの排除が目的なので、(海賊版は)なくならない」と言う。

 Dさんは、「『知的所有権保護』にうるさい外国政府向けのポーズだから、ほとぼりが冷めれば、また元に戻る」と言う。

 それと興味深いことに、大変多くの人が「海賊版の存在は必要で善」と考えていた。

 小学生のアリョーシャ君は、今日もネットで「ONE PIECE」をみる。「反海賊版法」については、「困るよ!ONE PIECEのDVDはないし、あっても数が多すぎて、全部買う金が僕にはない。なんでこんな便利なものを閉鎖しようとするんだい?大人の考えることはさっぱりわからないや!」と憤慨していた。大人の本音も同じなのだろうか?

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:41│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ