2013年08月19日

高まる外国人排斥傾向

スイスから

 スイスで外国人排斥傾向が高まってきている。独週刊誌シュピーゲルはスイスを「アパルトヘイトの国」と辛辣に批判しているほどだ。同国で少数派民族や外国人への排斥傾向が表面化した最初の出来事は、同国が2009年11月29日、イスラム寺院のミナレット(塔)建設禁止を問う国民投票を実施し、建設禁止を可決した時だろう。イスラム・アラブ諸国から当時、激しい批判を受けた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 最近では、同国のアールガウ州の小町ブレムガルテンが難民申請者に対し、公共施設、例えば、市営プールの使用を禁止しようとしたことだ。それが伝わると、国内外から「民族主義的」といった批判の声が上がった。

 また、米国のトークショーの著名な女性司会者、アフリカ出身のオブラ・ウィンフリーさんがチューリヒの高級ブティックでバッグを見ていた時、「あなたはこのような高級品は買うことはできないでしょう」と店員から言われたというのだ(店主が後日、謝罪している)。同国のトゥールガウ州のビュルグレンでは公共学校でのイスラム教徒のスカーフ着用を禁止した(同国連邦裁判所が先日、「禁止の十分な理由がない」と同禁止令を撤回させた)。

 同国では北アフリカ・中東諸国の民主化運動「アラブの春」以降、それらの地域から難民申請者が激増し、犯罪が急増してきた。それに呼応して、国民の間で外国人排斥傾向が高まってきたわけだ。ちなみに、同国で6月9日に行われた難民法改正を問う国民投票では、現難民法の強化に約78・5%が賛成票を投じている。

 スイスの難民数は人口比ではドイツ、オーストリア、フランスより多い。同国より多いのはスウェーデン一国だけだ。小国スイスで急台頭してきた外国人排斥傾向は他の欧州諸国へ伝染する危険性がある。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:39│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ