2013年08月26日

大雨で混乱

フィリピンから

 台風12号によって刺激された季節風によって、マニラ首都圏やその近郊では、18日から20日にかけて大雨に見舞われた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 この大雨で首都機能は完全に麻痺し、官公庁や学校が数日にわたって休みとなったほか、商業施設やオフィスも従業員が出勤できず、休業となったところが多く経済活動にも大きな影響を与えた。

 しかし、台風が上陸したわけではないので、風はそれほどでもなく、電気やインターネットが寸断されなかったのが幸いだった。

 ふと気になって開いたフェイスブックには、知り合いたちがアップロードした洪水の写真で溢れていた。マニラ首都圏やその近郊では、腰まで水に浸かっている地域も多く、職場はおろか食料の買い出しにすら行けない状況だったようだ。知り合いの一人からは、夜中に家に食べ物がなく「お腹がすいた」との悲痛なメッセージも…。

 首都圏で働く人々は「ベッドスペース」と呼ばれる共同部屋で生活する者も多い。その多くは冷蔵庫はおろか台所もなく、食料の備蓄は無いに等しい。数日にわたって外に出られない状況は、まさに死活問題だ。

 私の住んでいる地域では洪水対策として、排水溝を詰まらせるビニール袋の使用を禁止したり、何カ月も道路を通行止めにして排水溝の拡張を行うなど、市民にとって不便なことも多かった。しかしその割に今回の水害では、それらの効果は感じられなかった。

 もっとマニラ首都圏全体の包括的な洪水対策の必要性を感じた。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:28│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ