2013年09月09日

ワルの警察官

タイから

 タイの現地報道によるとタイ警察が先月下旬、中年のイタリア人男性2人を身代金目的で拉致した容疑で、警官のタイ人男4人とウズベキスタン人の男1人を指名手配、このうち警官2人とウズベキスタン人を逮捕した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 調書によると容疑者グループは、バンコクの歓楽街ナナ地区でATM(現金自動預払機)を利用したイタリア人男性2人を、「偽造カードを使用した」として拉致し、スクムビットのホテル「サワディー・スクムビット・イン・ホテル」に監禁した。

 さらに容疑者グループは、逮捕を免れる謝礼として、現金200万バーツ(約660万円)を要求。被害者2人にイタリアの家族に送金依頼の電話をさせた。

 被害者は電話で、送金依頼のふりをしながら家族に事情を説明。その家族がイタリアの警察に通報したことで事件が発覚。通報を受けたバンコクのイタリア大使館からタイ警察に連絡が入り、2人が無事、救出された。

 タイでは警官の犯罪が後を絶たず、殺人や誘拐、麻薬売買、違法賭博、それに売春、強制立ち退きなどといったマフィアまがいの組織犯罪に関わるケースがある。バンコクのルムピニ署では幹部警官による米国人ビジネスマン誘拐事件が起き、トンロー署では副業でタクシーを運転していた警察中尉が乗客のラオス人女性を強姦した容疑で逮捕されたこともある。

 「タイは警官さえいなけりゃ、治安はいい」というブラックジョークも、あながち誇張ではない。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 09:42│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ