2013年09月19日

銀行に行ってびっくり

エジプトから

 先日、久しぶりに銀行に行ってとても驚いたことがあった。それは、モルシ前大統領が就任した昨年6月以降、口の周りや顎、頬に、急に髭を生やし始めていた若い行員の、もさもさした髭が完全に剃られており、すっきりした顔になっていたことだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 そういえば、電車の中でも、一時大量に増えた髭面がほぼ無くなって、皆すっきりしている。助手によると、指名手配されたイスラム根本主義過激派組織ムスリム同胞団員らは、逮捕を恐れ、髭を剃るのみならず、整形手術まで受けているそうだ。

 モルシ氏の支持基盤の同胞団の活動家や、過激なイスラム信仰で知られるサラフ主義者らは、モルシ政権誕生を、「わが世の春が到来」と早とちりして、それまで実質禁止されていた、髭を伸ばし放題にして自己主張していたのだ。「汚くて、むさくるしくて、不潔でいやだ」と迷惑がられても、お構いなしだ。むしろ、誇らしげに、大手を振って、「お前たちこそどうして髭を伸ばさないのだ、預言者は髭を伸ばしていたんだぞ!」と言いたげな表情である。

 役所でも、「本当のイスラム教とは何かを教えてあげたい」などとすり寄ってきて、満面の笑みを浮かべた公務員らもいた。あの人々は今どうなっているのか少々心配になっている。何しろ、隠れ同胞団員が一気に表に浮上したまでは良かったが、モルシ氏の大統領権限剥奪で一転、取り締まりを恐れて急遽髭を剃り始めたのだ。それにしても、同行員は、不用意にも一度正体を見せたのだから、急に引っ込むのもばつが悪かったに違いない。しかし背に腹は代えられず。今は無言で、仕事に夢中な様子を見せている。
 おかげで街には清潔感が戻り、すがすがしい気分だ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ