2013年10月03日

休暇は日光浴でゴロゴロ

ロシアから

 ロシア人の休暇は、日本人のそれとは質的に異なっている。日本人の主な目的は、現地の観光名所を見てまわること。「観光地の写真を撮りまくっているのはたいてい日本人」というのは、欧米でもロシアでも有名である。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 一方、ロシア人の目的は、「日光にあたること」。それで、ロシア人に最も人気なのは、晴れの日が多く、日差しの強いトルコやエジプト。次に、タイやギリシャなどが続く。どの国も理由は同じだ。

 彼らは、休暇の間中ビーチでゴロゴロして暮らす。彼らが言うに、「ロシアは、寒くて、天気が悪く、曇りの日が多く、セロトニンが不足する。それで南の国にいって、その不足を補う」のだとか。(セロトニンとは、「安らぎ」を与える脳内物質。セロトニンの分泌により、「快眠でき、ストレスに強くなり、幸福感が増す」といわれる。そして、この物質は、朝日を浴びることで増えるのだ。)

 確かに、モスクワは天気が悪い。夏の間は涼しく(30度まではメッタに上がらない)日本人には暮らしやすい。しかし9月に入ると、毎日暗雲がたちこめ、ほとんど毎日雨が降っていた。しかも気温は急速に下がり、9月末には最高気温が5度。東京の真冬よりも寒い。10月1日には、雪も降った。朝日を見ることはメッタになく、確かに「セロトニンが欠乏する」という説には一理ある。

 そんなわけで、ロシア人は、有給をフルに使い、2週間も3週間もビーチで暮らす。筆者も、付き合いで、ロシア人と旅行にいくことがある。しかし、ビーチでゴロゴロできるのは1〜2日。後は、一人で観光名所を巡ることになる。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 09:42│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ