2014年01月14日

政治家とプライバシー

フランスから

 フランスは、たとえ政治家などの公人といえども私生活のプライバシーは守られるべきだという暗黙の慣習があった。そのため、ミッテラン元大統領が在任中、隠し子がいることが発覚し、マスコミに質問された時も「それが何か?」と受け流した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 日本びいきのシラク元大統領にも隠し子騒動があったが、それほど大きな問題にはならなかった。ところが最近、現職のオランド大統領が、パリに住むフランス女優のアパートに足しげく通っていることが週刊誌で報道され、大きな話題になっている。

 政治家、それも一国の大統領の私生活について静観する構えだったフランスのマスコミが変化したのは、2007年に大統領に就任したサルコジ氏の一連の離婚、結婚報道だった。

 サルコジ氏は就任早々、当時妻だったセシリアさんと離婚し、間もなく元トップモデルのカーラ・ブルーニさんと結婚した。その時は大統領自らが公の場で、カーラさんと交際を始めたことを公表し、大統領自らが私生活を明らかにするという過去にない態度を取って話題になった。

 オランド大統領は現在、ジャーナリストのバレリー・トリルベレールさんと事実婚関係にある。バレリーさんは大統領府に自分の執務室を準備させ、大統領夫人として公務をこなす毎日だが、オランド氏と女優のスキャンダルが影を落としている。

 フランスのマスコミは、公人や有名人のスキャンダルのニュースに興じるのはアングロサクソンであって、自分たちは私生活には立ち入らないというスタンスだった。アングロサクソンとは英米を指し、彼らとの違いを強調するのがフランス人のプライドだった。

 しかし、今回は自らその慣習を破ったわけで、フランス国民もどう受け止めるべきか議論は沸騰している。

(M)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:04│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ