2014年01月31日

2州のマリフアナ解禁

米国から

 米国では今月から、コロラド州で、マリフアナ(大麻)の娯楽用を含めた販売、使用が解禁になった。ワシントン州でも今年、マリフアナの販売が開始される。がんや緑内障患者などへの医薬用使用として解禁されているのは、21州である。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ



 これについて、オバマ大統領がコメントした。「私は子供の頃、ポット(マリフアナ)を吸った。私はそれをタバコを吸うことと同じように悪い習慣であり、悪徳であると見ている。ただ(マリフアナが)アルコールよりも危険だとは思わない」というコメントだ。英国医学ジャーナルに2012年に掲載された調査によると、マリフアナを吸って3時間以内に車を運転する場合、アルコールもマリフアナも使用せずに運転する場合に比べ、交通事故を起こす可能性が倍になるという。

 マリフアナを皮切りに、コカイン、ヘロインなど別の違法薬物も合法化しようという動きが活発になることを警戒する米国人も多い。コロラド州では、マリフアナ発売初日の1月1日に売上高は実に100万砲鯑庸砲靴拭F噂では州都デンバーにマリフアナ販売店が136店舗開設され販売を開始したが、極寒にもかかわらず長蛇の列ができた。州当局は14年のマリフアナ販売による歳入を6億砲噺込んでいる。マリフアナ購入は21歳以上となっていて、飲酒年齢と同じ。コロラド州住民は1人28弔泙嚢愼可能で、コロラド州外の住民は7弔上限だが購入は可能。問題は、連邦政府レベルでは、マリフアナの所持、使用、販売は禁止されていること。マリフアナ所持を見つけた場合でも、それをどこで購入したかを確認しなければならない。法執行機関にとっては、頭が痛い話だ。

(K)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ