2014年02月07日

「最も奇妙な国」インド

エジプトから

 学生時代の友人が、世界旅行をした際、最も奇妙な国として印象深かった国はインドだと語っていたが、今回訪ねてみて、友人の言葉の真実性の一端を見た気がする。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 大統領府や首相府の広大さや、軍人のきらびやかさ、富める人々の豪奢(ごうしゃ)ぶりがあるかと思えば、体や腕に触って、必死にまとわりつく貧者とも至る所で出くわす。宗教は、ヒンズー教を先頭に、イスラム教、キリスト教、シーク教、ジャイナ教、バハイ教、仏教、ユダヤ教など100種類を超え、祭る神も、サルの頭に人間の体を持つものなどさまざまだ。

 人口は、2011年の国勢調査で12億1000万人という。カースト制度の最下層は人口に入っていないと指摘する人もおり、実際は中国を上回るという人もいる。

 街に出てまず驚くのは、中国製3輪車トクトク(インドではレキシャと呼ばれる)が数多く、至る所で走っていることだ。

 エジプトでもここ数年その数が急増したが、本道の通行は許されず、支道で、タクシー代わりに利用されている。それに引き替え、インドでは、正式にどの道でも通行できるらしく、完全にタクシー業務をこなしている。エジプトでは、子供が運転しているのも相当数見掛けるが、インドでは運転手は皆大人だ。

 カイロでは一度も利用したことがなかったが、ニューデリーで初乗りを体験、料金の安さは魅力で、これに乗るとタクシーに乗るのは馬鹿らしくなる。もちろん、サービスは大違いだ。基本的に窓が無いので、風がまともに入ってくる。3人まで掛けられるが、友人と3人乗りすると窮屈だ。衝突したり転んだりしたら、その打撃をまともに食らいそうだ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ