2014年04月14日

タイに依存するもの

ラオスから

 山岳国家ラオスは売電を生業(なりわい)とするバッテリー国家として知られている。国際河川メコンが流れ、山の多いラオスでは水資源が豊富で、水力発電の場所には事欠かず、ダムを建設するインフラ投資さえ整えば、恒常的な発電能力を生かすことが可能だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 だが今回、ラオス北部を歩いて初めて気が付いたのだが、売電は南部や中部でのことで、北部は逆にタイから電気を輸入している。チェンコーンからメコン川を隔ててラオス側に伸びる電線は、タイから電気を輸入するためのものだ。

 詳細を言えば、タイはラオスのビエンプーカーで産出する石炭を輸入し、その石炭を燃やした火力発電による電力をラオスに輸出している。

 なおラオス北部ではタイはラオスに電力を売るだけでなく、労働者も提供している。

 近代化に出遅れたラオスで欠落しているのは、技術や特殊技能を持った熟練労働者だ。

 メコン川に夕日が落ちる午後6時、ラオス北部のフエサーイで一仕事を終えたタイ人労働者が20人ばかり、タイから迎えに来る小舟を待って岸辺に立っていた。ラオス側にはこうした建築関連の熟練労働者や資材そのものが欠けることから、タイの人材と資材に依存せざるを得ないのだ。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 15:00│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ