2014年08月04日

人口1億人突破に思う

フィリピンから

 フィリピンの人口委員会は先月末、同国の人口が1億人を突破したと発表した。しかも国民の平均年齢は23歳という若さだそうだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 先日、日本を訪れたフィリピン人に感想を聞いたところ、「いったい日本の子供たちはどこにいるんだ?」と質問を受けた。あまりに子供を見掛けないので、みんなどこかに閉じこもっていると思ったようだ。少子化のことを説明したが、フィリピンに比べて裕福で暮らしやすい国なのに、夫婦があまり子供を持たないことを理解し難いようだった。

 一方、フィリピンはというと10代で妊娠する女性が後を絶たず、20代前半で既に3人の子供がいる女性も珍しくない。貧しいカップルほど子供を多く作る傾向があり、まさに「貧乏人の子だくさん」という昔の日本の状況が当てはまる。

 住宅街に行けば朝から晩まで子供が遊ぶ声が聞こえ、この国で子供のいない風景を探すことは難しい。

 アキノ政権は人口増加が貧困の一因と指摘し、避妊の促進など国民の家族計画を支援する法律を成立させたが、人口増加に歯止めが掛かるかは懐疑的で、今後も増え続けるとの見方が強い。

 飛行機でたった4時間の距離にある日本とフィリピン。日本が少子化で人手不足を抱える一方、フィリピンは人口爆発と高い失業率という、対照的な問題を抱える。いろいろ問題はあるだろうが、この国で暮らす者として、もっと両国の人的交流が活発になればうれしい。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:23│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ