2014年08月06日

これも「人災」なのに…

韓国から

 韓国は例年、7月後半から8月前半にかけてが一年で最も蒸し暑い。学校が夏休みということもあり、大人たちもこの期間中に休暇を取る人が多く、日本海に面した東海岸や各地の渓谷など代表的な避暑地は家族連れでごった返す。韓国的だと思うのは、核家族より仲のいい2、3組の家族や親子3代が集まった大所帯が多いことで、「個」より「群れ」を好む民族性の表れだろう。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ところで、この時期になると、決まって起こるのが水の事故だ。日本でも先日、丹沢のキャンプ場で中州から川を渡ろうとした車が増水で流され、母子3人が亡くなるという事故が起きたが、こちらでも全く似たような事故が起きている。南東部の慶尚北道で川沿いにあるペンションに投宿した一家族を含む7人のグループが、車で川を渡ろうとした際に鉄砲水で下流に流され、全員が命を落とした。

 車が渡ろうとしたのは、川の水面から1辰砲睨たない所に造られた幅3辰留瓠覆擦)だったといい、事故当時、現場は台風の影響で大雨注意報が発令されていた。増水のたびに周囲が浸水する被害が出ていながら地元行政は予算不足を理由にきちんとした橋梁(きょうりょう)を造らなかった。川沿いには営業中のペンションが100軒を超す。

 「天災というより人災」と韓国メディアも指摘しているが、その割に報道が少ないのには驚かされた。これでは安全不感症がもたらしたあの旅客船「セウォル号」沈没の教訓が生かされない、という嘆きも漏れる。朴槿恵大統領は「国家改造」と大号令を掛けたが、まだあちこちに残る“セウォル号”を退治するのは容易でないということか。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ