2014年08月08日

高揚する愛国心

ウクライナから

 ウクライナの首都キエフを流れるドニエプル川の畔を、ウクライナの友人と散歩する。人口280万人の大都市の真ん中に、これほどの水と緑の空間があることに改めて感銘を受ける。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 キエフ北部にあるアバロン地区では、最近整備されたウォーターフロントが人気だ。数日続いたうだるような暑さから逃れようと、人々が水辺に集まる。若者は川に飛び込み泳いでいる。遊歩道には洒落(しゃれ)たカフェやレストランが立ち並ぶ。

 筆者にとっては一年ぶりのウクライナ訪問。これまでにないほどのナショナリズムの高揚を感じる。市街の至る所に、ウクライナの空を象徴する水色と、豊かな麦畑を象徴する黄色の二色に染められた国旗が掲げられている。筆者の席にやってきた募金活動の青年たちは、募金でペンキを買い、ウクライナ国旗を街中に描くという。

 ドニエプル川から幾つも見えるウクライナ正教会の建物は、ロシア正教会と区別するために、聖堂前に国旗を掲揚するようになった。15階建ての建物の全面が、ウクライナ・カラーで塗られているアパートもある。

 今年は、例年のようにクリミア半島に避暑に行くウクライナ人はいない。ドニエプル川の賑(にぎ)わいはその反動だ。

 マレーシア機墜落のニュースが飛び込んできたときには、一斉に周りがどよめき、重苦しいほどの悲壮感が漂う。誰もが親露派の犯行を疑わない。

 次の日通りかかったキエフのオランダ大使館前では、弔花を手にした多くの人々が集まっていた。若者たちが、正に自分たちの同胞が亡くなったような面持ちで涙を流していた。

 ロシアのプーチン大統領は、ウクライナが本気で欧州に属し、決して以前のような隣国関係に後戻りしないという決意をさせてしまった。

(N)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:03│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ