2014年08月11日

愛国のライチ

ベトナムから

 南シナ海を自国の内海のように振る舞う中国の強引な手法にベトナムは黙っていない。それは巨人・中国を前に蟷螂(とうろう)の斧(おの)でしかないが、「一寸の虫にも五分の魂」だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 だが巨人は鞭(むち)を持っている。今回、ベトナムが領有権を主張している西沙諸島近海に、中国が石油掘削リグを設置したことへ抗議したことに対して、素早くその鞭を使った。

 ベトナムがささやかな外貨を稼いでいる輸出品ライチを、中国は差し止めたのだ。茘枝(れいし)とも書くライチは、かつて楊貴妃が好み、ベトナムから長安まで早馬で運ばせたとされる果物だ。無論、表向きは密輸対策による国境の税関閉鎖という形だが、これまで何度もあった露骨な龍の威嚇だ。

 わが国も尖閣沖の中国漁船領海侵犯事件で、レアアースの禁輸措置を受けたことがある。隣国フィリピンも、南沙諸島のトラブルで中国によってバナナの輸出を止められた経緯がある。

 遠くはノルウエーがサーモンを中国市場から締め出された。この時は中国人権活動家の劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞したことへの嫌がらせだった。

 なおベトナムでは中国の禁輸措置で余ったライチの国内消費を促している。ライチを食べることが愛国につながり、中国の野蛮な野心を打ち砕くことになるというわけだ。

 だが、わが国や欧米諸国も大きく門戸を開き、中国の鞭を無効にする手だてが必要だろう。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:50│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ