2014年08月19日

パリの米国人

フランスから

 パリには世界中からたくさんの観光客が来ているが、最近、友人が経営するレストランでの夕食時に米国人親子に出会った。40代の男性と彼の母親が隣のテーブルで食事をしていた。米国人は彼らの醸し出す雰囲気ですぐに米国人だと分かる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 それに彼らの食事の仕方が、あまりにもフランスとは懸け離れていることに驚かされる。フランスのレストランの夕食では、食前酒、前菜から始まり、メーンの料理、サラダやチーズ、最後にデザートというのが一般的だ。

 最初、彼らは食前酒は何にするか聞かれ、シャンパンを頼んだ。これは普通と言える。ところが前菜が来ると同時にコーヒーをオーダーしたのに驚かされた。フランスでは食後以外にコーヒーや紅茶を飲むことはあり得ない。

 ところが持ってきたコーヒーが、その米国人親子には濃過ぎるらしく、いきなり隣に置いてあったシャンパンをコーヒーに注ぎ足した。米国人全てがそうするとは思えないが、あっけにとられて見ていた。さらに出てきたメーンの肉料理の味が気に入らないらしく、ケチャップを持ってくるように要求した。

 メーン料理のさなかにも2杯目のコーヒーをオーダーし、やはりシャンパンを注いで飲んでいた。

 隣のテーブルだったこともあり、どこから来たのか聞いてみた。すると「オクラホマシティーから」という答えだった。親孝行な息子が70歳になった母親にパリ旅行をプレゼントしたそうだ。ところが母親いわく「どこに行っても食べ物が合わず、結局、ハンバーガーショップに行くことが多いのよ」とのことだった。

 友人のレストランのオーナーに聞くと「うちは世界中から客が食べに来るので慣れっこだけど、米国人と中国人は特に自分たちの食習慣を曲げるつもりがなく、時々、トラブルになることもある」という。それに両者に共通しているのは態度が大きいことだ。これはフランス人には受け入れ難いことのようだ。

(M)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:11│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ