2014年10月06日

違反もみ消し疑惑で炎上

フィリピンから

 ある女性モデルのフェイスブックが大きな反響を呼び、警察幹部を巻き込むスキャンダルに発展している。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 その投稿というのは、車の運転中に交通違反で捕まったが、警察幹部にもらった名刺を見せて違反をもみ消したという内容で、わざわざその名刺の写真まで掲載していた。これを見たインターネットユーザーから批判コメントが相次ぎ、いわゆる「炎上」状態に陥り、間もなく投稿は削除された。

 女性は男性誌などで活躍する、そこそこの有名人だったこともあり、ブログなどでこの話題は急速に拡散し、名刺の警察幹部の正体を探る人々も出てきた。名刺の裏には「私の秘書をよろしく頼む」という直筆のメッセージがあったことから、女性が警察幹部の愛人だとの臆測も流れ騒ぎは拡大。このところ相次ぐ警官不祥事の流れで、大手メディアも取り上げ始めた。

 その後、女性は謝罪し警察幹部と面識がないことを告白。騒ぎを知った警察幹部も彼女と会ったことはないと釈明し、愛人疑惑を否定。名誉毀損で訴える構えも見せている。警察幹部は名刺に階級の間違いがあり本物ではないと説明している。

 しかし実際のところ、警察幹部や政治家などからもらった名刺をチラつかせて「交通違反のお守り」にしている市民は珍しくない。知っての通り、袖の下を目的とした理不尽な取り締まりがあまりに多いため、市民のささやかな自衛策というわけだ。このようなコネを使ったもみ消しが横行しているのは誰でも知っていることだが、ネットという公の場で自慢するようなことではない。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:50│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ