2015年03月10日

日本抜きに安保なし

韓国から

 先日、日本から客人があり、ソウルの戦争記念館に案内した。記者自身、数年ぶりの見学だったが、展示物がかなりアップグレードされていて驚いた。以前はおどろおどろしいろう人形が目立ったが、今はハイテクを駆使し、デザインや配置も洗練された印象を受ける。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ



 ここの見どころは「6・25戦争(韓国動乱)展示館」で、戦争に至った当時の国際情勢から北朝鮮の南侵、戦闘の経緯、休戦などについて遺品や書簡、写真、映像などが展示されている。昔から「反共教育」に利用され、その日も小学生や軍人らの団体が来ていた。

 周知のように韓国が北朝鮮の侵攻で絶体絶命のピンチに陥ったのを救ったのが、マッカーサー元帥率いる国連軍による「仁川上陸作戦」だった。その際、米軍は日本の横浜、神戸、佐世保の各港から歩兵師団や海兵師団、護衛艦艇などを出発させ、戦争に参加したことが展示物の矢印付き地図ではっきり示されていた。これを見れば誰もが「日本なしに仁川上陸作戦はなかった」ことが分かるわけだ。

 現在も韓国の安保には日本の後方支援が不可欠――という話を軍事専門家から聞いたばかりだったので「なるほど」と思った次第だ。それなのに歴史認識やら反日感情やらで日本との防衛協力に極度の拒絶反応を見せるのが今の韓国世論だ。記念館に来て、この地図を見たら少しは考えが変わるのではないかと思ってしまう。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:59│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ