2015年03月20日

困り者の警官

ロシアから

 モスクワで暮らす我々にとって一番の脅威は、実は犯罪者ではなく警官だ。

 彼らは外国人と目が合えばパスポートの提示を要求する。日本人だと分かると態度が親切になり、言葉遣いも丁寧になる。しかし、どちらにせよ住民登録を怠ったと言いがかりをつけ「逮捕されるのがいやならカネを払え」と言う。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 困ったことに彼らは、こういう場合に日本人なら15膨度の賄賂を渡してしまうと知っている。

 一般的にモスクワの賄賂の平均金額は、推計で32万7000ルーブル(約64万円)とか。裁判の勝ち負けも賄賂で決まるという。汚職指数では世界136位で、悪くなる一方だ。

 こんなアネクドート(小話)がある。

 ある交通警官に子供が産まれた。

 「カネが無いので何とかしてくれ」と上司に泣きついたところ、上司はこう言った。

 「君の担当しているところの速度制限表示板、70だったね」

 「はい」

 「それでは今日から50のをもっていきたまえ」

 それから数カ月。交通警官は給料を取りに来ない。心配になった上司が呼びつけたところ、彼はこう答えた。

 「え。これ以外にまだ貰えるんですか」

(N)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51892924