2015年03月23日

消火妨げる狭い路地

フィリピンから

 このところマニラ首都圏で火事が相次いでいる。特にスラムのような住宅密集地での火災が多く、数百の家屋が一度に焼失することも珍しくない。改めて都市計画や火災対策の未熟さを実感する。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 記者が住んでいるマンションの目と鼻の先でも、最近火災があったばかりだ。場所はバラック小屋のような家屋が密集する住宅地の一角で、出火初期から見ていたが、火が見る見るうちに燃え広がる。かなり離れているのに熱気を感じるほどの火の手だ。

 かなり早い段階で消防隊が駆け付けていたが、周辺の狭い路地に加え、現場のすぐ近くを水路が横切っており、消防車がまったく近づけない状態。消防隊員がホースを伸ばして必死に消火を試みるが、火の手にまったく対抗できない水量で、最初から明らかに絶望的な感じだった。

 火は燃え広がり放題で、プロパンガスと思われる爆発が何度かあり、やじ馬からどよめき声が上がる。結局、火事はその区画をほとんど全焼させ、燃えるものが尽きて鎮火したような感じだった。首都圏はどこもこんな道路事情の場所が多く、いくら立派な消防車があっても、役に立たないことが多いらしい。出火原因は分からないが、今の季節はほとんど雨が降らず空気も乾燥していたので、燃え広がりが速かったのかもしれない

 自分の家が燃えていくのを茫然(ぼうぜん)と見守るしかない庶民たちの姿を目の当たりにし、この国の厳しい現実を垣間見た気がした。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:14│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ