2015年03月30日

寝釈迦の足の裏

タイから

 タイ観光客が必ずといっていいほど訪れるのは、メナム川沿いの暁の寺とワット・ポーだ。

 アユタヤ時代からの古刹ワット・ポーは、菩提樹の寺の意味だ。全長46辰硫金色に輝く涅槃(ねはん)仏は必見だが、見逃してはならないのは足の裏だ。さまざまな文様と仏が彫られ仏教の世界観を表しているという。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 なおワット・ポーで異色なのはタイ古式マッサージの学校があることだ。今でも多くのタイ古式マッサージ師を目指す人が、ここで学び資格を取っている。

 ワット・ポーがタイマッサージの殿堂になったのは、タイの伝統的な学問知識を結集する最初の大学でもあったからだ。

 現在の講習所は1962年に開設されたもので、東側の休憩亭で講習を行っている。受講できるのはルーシダットトンと呼ばれる修行僧が編み出したとされる「隠者の体操」と薬草マッサージで、タイ人のみならず外国人も多数、受講している。

 ここでは受講だけでなく、1時間コースとか2時間コースのタイ古式マッサージを受けられる。タイ古式マッサージの特徴は、全身をもみほぐすというのではなく、圧倒的に足中心のマッサージだ。

 日本文化が手の文化だとしたら、タイは足の文化だ。仏教的宇宙観をも示唆するワット・ポーの寝釈迦(しゃか)の足の裏だが、その精神はタイ古式マッサージにも脈々と受け継がれている。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 08:35│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ