2015年04月06日

ジャックフルーツ

タイから

 タイの4月は、日本でいえば8月に相当する真夏の盛りだ。この季節は果物が豊富に出回り、フルーツ天国と化す。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 果物の王様ドリアンや、果物の女王マンゴスチンもどっさり市場に出回る。匂いも味も濃厚さが売りのドリアンも、気品のある甘酸っぱさで魅了するマンゴスチンもフルーツ王宮の主人の位置を与えられているのは理解できるが、無冠扱いのジャックフルーツもなかなかのものだ。

 大きいものだと一つが長さ60臓直径25造曚匹梁扮漾覆世┐鵝坊舛能鼎気20舛曚匹發△襯献礇奪フルーツは、キャノンボール(大砲の玉)との異名を持つ。恐竜展などで目にする恐竜の卵にも似ている。表面は黄緑色の楕円形、ぼこぼこした突起に覆われていて見てくれこそ悪いが、味はマンゴスチンに勝るとも劣らない。香りの方もドリアンほどの強烈な発酵臭ではなく、フルーツガムのような甘い香りだ。そして、シャリシャリした歯応えもあって、散歩疲れを癒やす時など最高のフルーツだ。個人的には果物の王様は、このジャックフルーツではないかとひそかに思っているほどだ。

 これほどの大きさなのだから、カボチャやスイカのように、つる性で地上にごろごろなっているかと思いきや、このジャックフルーツは、直接、木の幹に実を付ける。ドリアンは枝に実を付けるが、ジャックフルーツは幹から直接ぶらぶらと実がなる。いずれもこうした木の下を通る時は、要注意だ。中国には「李下に冠を正さず」という言葉があるが、タイでは「樹下ではヘルメット」が正しい。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:29│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ