2015年04月21日

アウェー気分の産経裁判

韓国から

 産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が韓国の検察に名誉毀損(きそん)で起訴された時、当然のこと(?)ながら加藤氏は韓国社会の中で「悪者」扱いだった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 愚問だとは思いつつ韓国人に「なぜ悪いのか」と尋ねると、彼が書いたコラムが「独身女性の大統領をめぐって口にするのもはばかられるひそかな男女関係を連想させているじゃないか」という趣旨で、随分多くの人からお叱りを受けたのを覚えている。

 次に「もしこれが日本人記者ではなく、例えばフランス人記者が書いたものだったら」と水を向けた。すると、一緒にいた男性は「フランス人記者はそんなこと書くわけがない」と取り付く島もなかった。

 言ってみれば女性大統領という「聖域」に日本人が「土足」で上がり込んできたようなシチュエーションが韓国人の感情を逆なでした――。当時、少なくとも記者(U)が行った“世論調査”では、こんな韓国人の心理が浮かび上がっていた。

 出国禁止解除に伴う帰国の喜びも束(つか)の間、公判そのものはまだ続いている。裁判では「聖域」も「土足」もなしだ。まして「反日」があってはならないし、車両への「卵投げ」に至っては言語同断だ。世論にも歴史にも左右されない韓国司法の良心を信じたいが、アウェーの試合に臨むような「分の悪さ」をどうしても感じてしまう。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:01│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ