2015年06月08日

人気のカプセルホテル

ベトナムから

 カプセルホテルというと日本だけの特殊宿泊施設と思われがちだが、今では香港でもおなじみとなっている。寝室を極限にまで縮めたカプセルホテルは、地価の高い香港でも簡易ホテルとして市民権を得た。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 さらに近年、ベトナムの商都ホーチミン市でもカプセルホテルがお目見えし、バックパッカーなどで結構、繁盛している。

 無論、宿泊者がカプセルホテルに求めるのは、繁華街に近い地の利と廉価性だ。宿泊料は1泊8砲閥疥戮離殴好肇魯Ε垢鉾罎戮討盞觜宗安い。ドミトリー並みの宿泊料で、テレビ、Wi−Fi(ワイファイ)が使える個室だ。しかも清潔。ホテル名「カイテキ」はそのうち、トウフやスシ、ツナミなどと一緒に世界共通語になるかもしれない。

 日本のカプセルホテルと違って共同風呂がなく、フロアごとの共用となるシャワールームのみ。さすがに、日本の文化そのものがダイレクトに海外で展開されるわけではない。

 ただ、利用者によるとオープンバーなどで深夜までごった返す繁華街にあるため、深夜2時、3時までガヤガヤと外のにぎわいが聞こえ、神経質な人にはちょっと難がある。

 それと備え付けのテレビはスピーカーを使わずイヤホンで聞く形なので、イヤホンがないと楽しめない。カプセルホテルで国柄と文化が反映される現地テレビ番組を鑑賞するには、イヤホンが必需品となる。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 09:12│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ