2015年06月09日

苦悩するカトリック教会

アイルランドから

 アイルランドのローマ・カトリック教会は、5月22日実施された同性婚の合法化を明記する憲法修正案の是非を問う国民投票で完敗したが、あれから2週間が経過した。その痛みが次第に効いてきた。ボディーブローを受け続けたボクサー選手のようにだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 教会は「婚姻は男と女の間で行われるべきだ」と固く信じている。男と男、女と女の婚姻は考えられない。その考えられない婚姻を憲法で明記するということは、「神は存在しない」という無神論を憲法で記述するのと同じことで、絶対受け入れられない。聖書を開き、必死に探したとしても、同性婚を認める内容の聖句などは見つからない。

 しかし、国民の60%以上が「同性婚も認めるべきだ」と考えていることが明らかになった。この結果を見れば当然だが、聖職者の中には、「われわれは信者たちに何をこれまで伝えてきたのか」「学校の宗教授業で何を教えてきたのか」といった自問が飛び出している。

 アイルランドは統計では約85%がカトリック信者だ。その彼らが教会が認めない同性婚の合法化を容認しているのだ。教会と信者の間でこれほど大きな差が明らかになったことはこれまでなかった。まるで、信者と非信者間の格差のようだ。

 教会に批判的な国民は「教会の自業自得だ」というかもしれない。聖職者の未成年者への性的虐待事件が過去多発した国の教会だから、教会への信頼は地に落ちている。その教会が婚姻はこうあるべきだと主張したとしても信者の反発を招くだけだ。すなわち、アイルランド教会は前に出られないだけではなく、後ろにも引けないのだ。セーレン・キルケゴールの「死に至る病」だ。教会は「死に至る絶望」に陥っているのだ。

 一人の人間がそのような絶望に陥った場合、最悪の事態を回避するために精神的ケアが必要となる、しかし、教会がそのような絶望的な状況に陥った場合、どうすればいいのだろうか。 

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51905717