2015年08月07日

美しいサッカー蘇るか

ブラジルから

 「今のブラジルにはネイマールしかいないじゃないか」「どんなことにも限界はある。ブラジルサッカーは今まさにその限界にぶつかっているんだよ」。先日、ブラジル大手紙からのインタビューを受けた元ブラジル代表ロマーリオ氏(現上院議員)の言葉だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ブラジルは、世界最多のW杯優勝回数を誇るが、現在の姿はペレやロマーリオ、ロナウドなどを排出した時代と比べ、とても「黄金期」とは呼ぶことができない。

 地元開催となった昨年のブラジルW杯では、準決勝でドイツ代表を相手に7失点で大敗を喫した。会場を埋め尽くしたサポーターが呆然(ぼうぜん)として涙を流した。

 ブラジル代表の立て直しのため、再度、ブラジル代表を率いることになったドゥンガ監督は、親善試合では連勝を続けたが、就任後初の真剣勝負となったコパ・アメリカでは、ネイマールの退場騒ぎなどを受けて、準々決勝で、格下と目されたパラグアイ相手にまさかの敗戦となった。

 近年のブラジルは、欧州サッカー界に欠かせない人材(選手)の担い手としての環境が整っており、サッカー選手を育成することが大きなビジネスとして成長してきている。欧州市場に合わせた選手の体格づくりや戦術の導入にも積極的だ。

 しかし、その半面、往年のような規格外の選手を輩出しなくなっており、さらにブラジルサッカー連盟は、前会長が収賄容疑で逮捕されるなど汚職にまみれた醜態をさらしている。世界の強豪を翻弄(ほんろう)してきた往年の「美しいサッカー」が蘇(よみがえ)るのを多くのサッカーファンが待ち侘(わ)びている。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ