2015年09月04日

文房具購入は免税日に

米国から

 米国では8月になると、小売業最大手の「ウォルマート」や事務用品販売大手「ステープルズ」などで学校必需品が書かれたリストを手に、商品を探す親子の姿をよく見かける。9月の新年度までに、指定された1年分の文房具や必需品をそろえなければならないためだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 各学校から配布される必需品購入リストは、学校や学年ごとに異なる上に、メーカーや商品名まで指定されていることが多くて複雑。そのため毎年、商品が見つかるまでリストとにらめっこしながら、親子でいろいろな店を探し回ることになる。

 そんな8月の風景だが、州によっては特定の数日間だけ文房具を買いに出掛ける親子がいっそう多くなる。売上税が免除される「セールス・タックス・ホリデー」(STH)の日だ。

 免税と言ってもすべての商品が対象ではなく、品物や上限の規定がある。

 米税務管理者連盟によると、最初のSTHは1996年にニューヨーク州で実験的に導入された。その後、2000年代に入ってから幾つかの州が取り入れるようになり、現在までに全米で18の州が導入している。新学期のために、ほとんどの州が学校必需品を免税商品にした上で、8月に設定しているのも特徴だ。

 もともとは、個人消費を増やすことで経済活性化や雇用創出などを狙って制定されたという。ただ、効果は疑問視されていて、今では学校必需品を安く購入したい親にありがたい日、という認識になっている。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ