2015年09月18日

言った者勝ちの割引価格

米国から

 妻の携帯電話の調子が悪くなり、家電量販店で新しい電話機を購入した。機種変更の手続きはウェブ上でできるということだったが、高い料金プランに変えない限り、機種変更できないと表示された。妻は携帯をあまり使わないので安いプランのままで十分。困ったなと思いつつ、とりあえずカスタマーセンターに電話してみた。すると、今までと同じ料金プランですんなり機種変更してもらえた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ウェブ上の表示は一体何だったのか。言い方は悪いが、おそらく高い料金プランに誘導する「罠」だったのだろう。米国では何も言ってこない客には高い料金を支払わせようとするいやらしい傾向がある。

 新聞の購読料もそう。ある大手紙の場合、正規の年間購読料は結構な金額。だが、カスタマーセンターに電話して「購読を止めたい」と伝えると、「待ってくれ。あなたは大切な顧客だ。特別にディスカウントしよう」と言って、通常の5分の1の価格を提示してくるのだ。その割引額は日本円で4万円以上にもなり、正規購読料などあってなきが如(ごと)しだ。

 最初から割引料金にしてくれたらいいのにと思うのだが、絶対にそれはしない。何も言わない客が支払う高い価格と、電話をかけてきた客に提供される割引価格の二つの料金が存在するのだ。

 カスタマーセンターに連絡して料金が安くなった経験は他にもある。結局、言った者勝ちの世界。割引はありがたいけれども、いちいち電話して交渉しないといけないのは、正直、面倒くさい。

(J)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ