2015年12月04日

ぶっきらぼうと深い人情

 モスクワを訪れた出張者らに話を聞くと、やはりロシアの評判は芳しくない。空港でも駅でもどこでも職員の態度がでかいとか、面会相手が時間を守らないとか。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 以前に比べれば随分良くなったと思うが、筆者もあえてそれは否定しない。ただ、ロシア人の名誉のために付け加えれば、ここでは日本とは違い、初対面の人に笑顔で接する習慣がないのだ。あまりニコニコしていると、何か思惑があるのではと警戒されてしまう。

 所用でロシアに立ち寄り、短い時間だけを過ごすならば、ロシア人たちの表面的な、ぶっきらぼうな部分だけが印象に残ってしまう。でも、しばらくロシアに住み、ロシアの友人と心を開いて交流すれば、彼らの深い人情に触れることができる。

 赴任地がモスクワからラトビアのリガに変わり、出発の日になった。雪が舞うクリスマスの夜。筆者を見送るため、友人や教え子たちが駅に集まってくれた。警笛が鳴り列車が動き出した。手動で開閉する乗車扉は、車掌がホームの安全を確認するため開いたまま。そこに立つ筆者を追いかけ、彼らは手を振りながらホームの端まで走り続けた。ドラマの一場面のような体験だった。

 日本と比べれば何かと不便だし、窓口のおばちゃんの態度はでかい。待ち合わせの時間も、守られることのほうが珍しい。でも、ロシアにはそれ以上の魅力がある。ロシアの一番の魅力は人だと、筆者は答えたい。

(N)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 09:04│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ