2016年02月22日

強盗にも礼儀あり

タイから

 ラオスでは隣国タイのテレビ放送を見る人が多い。ラオス語とタイ語はそれほど違いがなく、国境メコン川を越えて飛び込んで来る越境電波にチャンネルを合わせるだけで無料で楽しむことができる。チャンネル数の少ないラオス国営放送より多様なチャンネルを持つタイのテレビ放送の方が娯楽性も高く、詳細なニュースをフォローする上でも役立つことが多い。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 そのラオスの首都ビエンチャンで、東京外大ラオス語専攻の女子学生2人と話す機会があった。その学生に、タイ語とラオス語の違いを聞いた。最大の相違点は、通常、タイ語には丁寧語を付けて話すが、ラオス語にはこれがないという。

 なるほどタイ語は、男性の場合は「クラップ」、女性の場合は「カー」の言葉を文末に添えることから始まる。

 これを省略しても基本的に理解はできるが、違和感があるのがタイ語だ。丁寧な言葉遣いがタイのコミュニケーション文化の特徴なので、相手の地位や年齢にかかわらず、双方がよほど気心知れた親しい間柄でない限り、「クラップ」「カー」を文末に添えるのが基本となる。

 先だってタイの首都バンコクで複数のコンビニ店が拳銃を持った強盗犯2人に襲われた事件で、防犯カメラに映った映像が話題になったことがある。犯人が逃げる際、コンビニの店員に合掌している画像が残されていたのだ。その後、捕まった19歳と20歳の犯人は、これについて「店員が抵抗しなかったことに感謝したもの」と説明した。「ワイ」と呼ばれる合掌は、タイで人と会ったり別れたりする際に相手に敬意を示す丁寧なあいさつだが、タイでは強盗でさえ礼儀をわきまえている。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:37│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ