2016年03月01日

厄介な「報復運転」

韓国から

 今はそれほどでもなくなったが、ひと昔前までは外国人がソウルで車の運転をマスターすると「大したもの」と褒められた。スピードの出し過ぎ、頻繁な車線変更、無理な割り込みなどが横行するため、のんびり紳士的な運転をしてきた日本人などがこちらに来て最初にハンドルを握ると、ほとんどが冷や汗ものだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 やがて日本人であることを忘れ(?)韓国式運転にも慣れ、現地のテクニックを覚えたりするのだが、いまだに厄介なのが嫌がらせとしか思えない「報復運転」だ。記者も急な割り込みをしようとしてぶつかってきそうになった車にクラクションを鳴らしたら、相手の車に報復運転されたことがあった。すぐ前に車を入れて来て急ブレーキをかけ、こちらは追突しそうになったのだ。

 子供のケンカ同然の運転マナーだが、このほど警察当局はこうした報復運転はもちろん、その原因となる「乱暴運転」の取り締まりに乗り出した。刑事処罰の対象になり、免停などを食らうこともあるという。

 ただし、「報復」や「乱暴」が撲滅されても安心するのは早い。男性顔負けのワイルドな運転をする韓国人女性ドライバーが少なくないのだから。予想外のタイミングでハンドルを切ってくる彼女たちを見たらできるだけ遠くに離れるしかない。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51943509