2016年03月24日

ある日突然、店を失う

ロシアから

 近頃の不景気で、ちょっと前まで営業していた店が、突然閉店しているのによく出くわす。しかし不景気とはいえ、モスクワは1200万人の人口を誇る世界有数のメガシティ。購買力も高く、ビジネスチャンスはあちこちにある。大抵はすぐに別の店が入居し営業を始める。新陳代謝の早い街である。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 商売がうまくいかず、店を畳むのはある面仕方ない。しかし、そうではないのに突然、店を失う人もいる。筆者の友人イリヤさんがそうだ。

 イリヤさんはコピー店のオーナーで、商売は順調そのものだった。しかしある日、近所の人から、店が大変なことになっていると電話がかかってきた。なんと、イリヤさんの店が入居する建物の取り壊しが始まっていたのだ。

 慌てて商売道具のコピー機やパソコンなどを運び出したのだが、突然のみぞれで機材は全てずぶ濡れになっておしゃかに。店を失っただけでなく、負債まで背負うことになった。

 モスクワ市は都市再開発の一環で、建築基準を満たしていない建物や、景観にそぐわない建物の撤去・建て替えを進めている。取り壊しのしばらく前に、イリヤさんの店が入っていた建物のオーナーにも警告があったのだが、まさか本当に取り壊すとは思っておらず、テナントに何も知らせなかったという。

 もちろん、これはオーナーが悪いのだが、建物撤去の周知期間があまりにも短いとの批判もある。どちらにせよ被害にあったテナントはとんだ災難であり、同様のケースでいくつも訴訟が起こされている。

(N)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 15:07│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ