2016年04月18日

いたちごっこの露店禁止

ベトナムから

 ベトナム随一のビーチ・ニャチャンでは露店は禁止されている。露店で購入した炭焼きイカや貝に当たって腹を壊したり、ぼったくられたとの被害が絶えないためだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 そのためビーチでは定期的に公安による取り締まり巡回が恒例となっている。だがその効果は上がっていない。

 というのも露店を営む若者たちは大体、スマートフォンを持っており、巡回が始まると一斉に警戒メールが発信されるからだ。そのメール着信と同時に店をたたみ、品物だけ物陰に隠す。スマートフォンを持っていない老人たちも、近くの露店主のそうした動きから同じ行動をする。そして何事もなく巡回チームをやりすごすと、さっと品物を出して元の生業(なりわい)に戻るのだ。

 だから巡回チームは、5分か10分程度、ビーチの露店販売をストップさせるだけで、露店そのものを排除するパワーは発揮し得ていない。

 これが幾度となく繰り返される光景は、寄せては返すビーチの波のようでもある。

 そして3月、ニャチャン市人民委員会はしびれをきらしたのか、物売りや物乞いの取り締まりに特化した「524部隊」を発足させた。さらに市民から情報を得るホットラインを開設。良質な情報提供者に対しては、1件につき10万ドン(約490円)の報奨金を贈るという。だが、この効果も疑わしい。なにせゲリラ活動でベトナム戦争に勝った国柄なのだから、権力の脇をくぐる庶民のゲリラ活動は筋金入りだ。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 09:56│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ