2016年05月27日

盆栽がつなぐ日米の懸け橋

米国から

 オバマ米大統領の広島訪問で、マスコミが騒がしい。この歴史的な訪問で戦後70年の歴史が一段落し、日米が平和友好の将来にさらに一歩踏み出すことが期待されている。広島は、日米関係の新しい未来を開く懸け橋ともいえよう。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ワシントンにも、広島から来た日米関係の懸け橋がある。米国立樹木園の盆栽・盆景博物館にある「平和の木」と呼ばれる五葉松の盆栽だ。博物館に300点近くある日中米の盆栽の中でも樹齢390年以上と最古で、最も貴重な一品である。

 この五葉松はもとは広島の山木家が宮島に生えていた松を、1625年(寛永2年)に盆栽にしたもの。その後代々育てられ、1945年8月の原子爆弾投下も爆心地から3舛里箸海蹐農犬延びた。

 1976年、米国の建国200周年、終戦30年を記念し、広島の盆栽職人だった山木勝氏からこの盆栽は他の52点の盆栽とともに米国に寄付された。被爆した盆栽が日米友好の印になったわけだ。

 実際にはこの盆栽のいわれは、2001年3月に山木勝氏の孫が国立樹木園を訪問して由来を説明するまで、米国側ではほとんど知られていなかった。米国立盆栽財団のフェリクス・ローリン会長は、こう語る。

 「爆心地から遠くない山木家に置かれていたこの木の生存自体驚嘆に値する。同じく驚嘆すべきは、山木氏がこのことに一切触れず、これほどの名品を旧敵国であるアメリカに与えたことだ。山木氏は、自分の故郷に原爆を投下したアメリカを許す心でこの贈り物をしたに違いない。山木松は瞬時にして、国際的な平和の象徴になったのだ」

(K)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:20│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ