2016年08月09日

民心に右往左往

韓国から

 北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するため韓国国内への配備が決まった高高度防衛ミサイル(THAAD)。歴史認識で同じように「反日」路線を取ってきた中国から配備に反対され、どうなることやらと思っていたが、朴槿恵大統領も最後は「国益のため」とキッパリ配備を決めた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ところが今度は配備先の地元住民が猛反発し、朴大統領は近場を条件に、予定されていた空軍部隊の敷地とは別の場所にすることを検討してもいいと言い出した。住民が反発するのはミサイルのレーダーから放たれる電磁波が「人体や農作物に被害を与える」と信じて疑わないためで、いくら電磁波の影響がないことを科学的データを根拠に説明しても皆感情が先走って聞く耳を持たない様子だ。

 それならレーダーの前方に中心街が位置することを住民が最も嫌がっていることを考慮し、中心街を外す場所に移して民心をなだめようというわけだ。ただ、配備予定地は「最適な場所」だったはずで、反発に遭った途端に変更するというのもおかしな話だ。また逆に電磁波の影響が「実はある」と認めることにもなりかねない。

 もし、この住民反対がまた政権打倒運動につながるようなデモにでも発展したら――と尋ねる記者に、半生を母国安保に献身してきたある韓国知識人は「そうなったらもう大韓民国の門を閉じなきゃならんよ、君」と真顔で答えていた。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 15:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ