2016年08月26日

イスラム指導者らの責任逃れ

エジプトから

 エジプトに十数年滞在して、目に余り、怒りさえ覚えることの一つにイスラム指導者の、テロなどイスラムの教理に触発されて起こる事件に対して、一切の責任を持とうとしない怠慢で不誠実な姿勢がある。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 ムバラク元大統領時代に、長くイスラム教スンニ派最高権威アズハルのグランド・イマームを務めたタンタウィ師にインタビューで、9・11事件後のイスラム教徒によるテロ激化の責任を問いただしたところ、「責任は私にではなく、政府にある」との答えだった。

 エジプトのシシ大統領が、穏健派を装いながら過激派の背後にあって全イスラム勢力をまとめ、イスラム法適用による国家と世界のイスラム化を推し進める「ムスリム同胞団」の根絶に向け、過激思想の取り締まりを目指して打ち出したのは、「過去のイスラム思想から暴力表現を一掃せよ」ということだった。命令を受けたアズハルは当初、自分たちの教育責任を認め、イスラム教徒教育を積極的に進める決意を表明したが、現在は、テロ事件発生のたびに、「イスラム過激派はイスラム教徒ではない」と宣言、イスラム教と聖典と自分にはテロの責任はないとして、責任逃れに徹している。

 まず、彼らをイスラム教徒と認め、彼らによるテロを自分の責任と捉えて、全世界に謝罪し、教育責任を果たす決意を示す誠実なイスラム指導者は皆無なのだろうか。イスラム教徒である自分にも責任の一端があると認めた人物は、私が出会った人では、ある人民議会議員一人だけだった。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51967567