2016年10月18日

創刊60年の歴史に幕

オーストリアから

 懐かしい名が消えていく。ハンガリー最大の左派系日刊紙「ネープサバチャーグ(人民の自由)」が8日、発行を停止した。1956年に発行された同紙は同国旧ハンガリー社会労働党(共産党)政権時代の機関紙だった。民主化後、同国代表的な左派系高級紙として影響力を有していた。その日刊紙が経済的理由から発行を停止した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 印刷済みの8日付は計画通り、発送されたが、同紙のオンライン版は8日、何の説明もなくネットから消えた。その数時間後、同紙オーナー「メディアワークス」は「印刷、オンラインの両方を8日を期して、新しいコンセプトができるまで停止する」という公示を流した。メディアワークスはオーストリア人投資家ハインリッチ・ぺチナ氏が率いるグループに所属する。2014年以来、同紙のオーナーだ。

 冷戦時代は社会労働党機関紙で、1987年の部数は69万5000部、民主化後の1996年は28万部、そして2008年には約13万部に激減していった。ハンガリー最大部数は外資系のタブロイド判大衆紙「ブリック」だ。

 ハンガリーは中道右派オルバン政権が権力を掌握して以来、厳格なメディア規制が敷かれている。野党最大紙の発行停止の理由について、単なる発行部数の減少だけではないはずだ、といった臆測が流れている。

 ネープサバチャーグ紙が日ごろオルバン政権を激しく批判してきたメディアの代表で、オルバン政権の側近の汚職報道を掲載したばかりだ。だから、その批判紙の口をふさぐという狙いがあったという臆測である。ただし、メディアワークスは「発行停止は純粋に経済的理由」とし、オルバン政権からの政治圧力はなかったと説明している。

発行停止された8日、同紙本社前に人々が集まり、報道の自由などを訴えるデモ集会が開催された。同日夜には国民議会前でネープサバチャーグの停止に抗議するデモが開かれている。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51974317