2017年05月12日

トイレ無料開放

ベトナムから

 ベトナム北中部のフエは、日本の京都に匹敵する古都。その歴史と風光明媚(めいび)な自然を受け皿に、観光都市として名高い。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 その観光に弾みをつけるため省政府が打ち出したのが、フエの中心街の公的機関やホテル、カフェなどで観光客の利便性向上を目的として、トイレを無料で開放するサービスを始めた。

 同サービスの目印は、「トイレ無料」のロゴシール。このロゴシールの貼られた公的機関やホテル、カフェなどでは、無料でトイレを利用することができる。

 トイレを無料で開放している公的機関は、フエ省の計画投資局や文化局、フエ市人民委員会の3機関。現在は合計約50団体がトイレを無料で開放しているが、旗振り役の省政府とすればさらに増やしたい意向だ。なおトイレの無料開放に掛かる費用は各団体持ちだが、ロゴシールのコストに関しては同局が援助する。

 旅行者にとってトイレは結構、深刻な問題だ。とりわけ女性の場合、ちょっと失敬して立ちションというわけにはいかない。こうしたトイレから観光振興を考えるというのは、官僚の上から目線ではなく、庶民的視線が感じられる。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51998727