2017年06月16日

観光省CMに盗作疑惑

フィリピンから

 このほどフィリピン観光省が、新しいキャンペーンスローガンとコマーシャル映像を発表したが、早速、盗作疑惑が浮上し物議を醸している。最近フィリピンを訪れる観光客といえば、数が多い韓国人や中国人が注目されがちだが、意外にもコマーシャルの主人公は日本人。引退生活を送る初老の男性が、フィリピン各地で自然や人々と触れ合うという内容だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 映像の最後に男性が白い杖(つえ)を取り出し、実は彼が盲目であるという、あっと驚く展開があるのだが、これが南アフリカが過去に発表した観光キャンペーンの映像にそっくりだったのだ。

 この批判に対し観光省は、実際の観光客の体験談を参考に作られたもので、南アフリカの映像を盗作したわけではないと反論している。確かに両方を見比べると、参考にして作られたような類似点が見受けられるのも確かだ。とはいえ、この世には膨大な数の観光キャンペーンのコマーシャルがあり、偶然に似てしまった可能性も否定できず、盗作と言い切るのも難しい。

 ただ観光省をめぐっては、過去にもにスローガンやロゴのデザインが、他国が発表したものに酷似していると批判されたこともあり、今回の疑惑に厳しい目が向けられるのも仕方ないといった感じだ。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/52002759