2017年09月01日

職場のハイヒール禁止

フィリピンから

 このほどフィリピンの労働雇用省は、職場で女性にハイヒールの着用を義務付けることを禁止した。ハイヒールの定義は1インチ以上の高さとなっており、従業員は今後これより低い靴を着用することになる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 今回の禁止令は労働者組合から強く求められていたもので、女性の社会進出が多いフィリピンならではの決断と言えそうだ。

 労働組合はハイヒールが転倒による危険を高めるだけでなく、長時間の着用で関節に負担をかけ疾患の原因となると主張していた。

 フィリピンではどこに行っても女性の労働者の割合が高く、力仕事以外は女性が中心といっても過言ではない。レストランのウェイトレスやデパートの販売員、客室乗務員などの職場では、女性従業員の制服の一部としてハイヒールの着用を求められる職場が多かったようだ。

 労働者組合のスポークスマンは、職場でのハイヒール禁止はアジアで初めての試みだと指摘し、労働雇用省の判断を歓迎した。

 また労働雇用省は、男女に関係なく立ち仕事が中心の職場では、2時間おきに休憩を与えることや、座って休むことができる休憩施設を用意するよう雇用主に命じている。

 ほかにも労働雇用省は、ドゥテルテ大統領の強い意向で、期間契約労働者の正規化を企業に求めるなど、労働環境の改善を積極的に進めている。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

Posted by sekai_no_1 at 14:43│Comments(0)