2017年09月07日

宗教によって違う休日

イスラエルから

 イスラエルの小中高の学校が1日、新学年を迎えた。しかし、アラブの学校では、イスラム教徒の祝日「犠牲祭」が重なり、遅れて新学年が始まった。イスラム教、キリスト教どちらの生徒も通うアラブの公立、私立(キリスト教系)の学校は、イスラム教とキリスト教の祝日が休みとなる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ユダヤ人だけでなくアラブ人も住むイスラエルには、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の祝日がそれぞれ存在する。職場において、ユダヤ人だけでなくアラブ人も勤めているため、おのおのの宗教によって休みが優遇されている。自分の宗教の祝日に休みが取れるのだ。ユダヤ人が休みでも、アラブ人は働いている。その逆もしかり。これは、1週間のうちの休日も同じこと。ユダヤ人は安息日である土曜日が休みとなり、アラブ人は礼拝のある金曜日、もしくは日曜日が休みとなる。

 エルサレムなどのユダヤ教徒が多く住む地域は、金曜日の夜から土曜日の夜まですべての店が閉まってしまう。そのためか、アラブ人地域の商店街では、薬や食料を買いに来るユダヤ人を見掛ける。

 土曜日、ユダヤ人の友人たちと北部地方のレストランに入った。ユダヤ人経営だが、土曜営業のレストランで働いていたのは、やはりアラブ人だった。

 このように、複数の宗教が混在する環境の中で、ユダヤ人とアラブ人が互いの宗教を尊重し、協調しながら共に働いている。

(M)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 15:05│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ