2017年11月02日

寿司フライにビックリ

イスラエルから

 イスラエルで最もポピュラーな日本食といえば寿司(すし)だ。寿司といっても、ここでは主に巻き寿司のことをいう。テルアビブなどの都市には寿司レストランが増えた。また、北から南まで大型ショッピングセンター内には、必ずといっていいほど寿司ショップが存在する。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 以前、知人のイスラエル人女性が、初めて寿司レストランで寿司を食べたと言って喜んでいた。何が好きか尋ねると、さつまいもが一番だという。私は一瞬耳を疑った。私の寿司の概念には無い食材だ。彼女は他にもアボカドなどベジタブルが好きだという。

 試しに、チェーン店で有名な寿司レストランに入りイスラエルの寿司を食してみた。マグロとサーモンのにぎりや巻き寿司。驚いたことに、パン粉を付けて揚げた巻き寿司のフライ、お米ではなくパンで巻いたものもあった。イスラエル人は、それを醤油(しょうゆ)だけでなく、マヨネーズやバーベキューソースなどに付けて食べるのだ。

 先日、寿司を作るので一緒に食事しようと、近所に住むイスラエル人の友人に家族で招かれた。アボカド、ニンジン、パプリカなど生野菜の巻き寿司を、辛味の効いたチリソースに付けていただいた。とても斬新な味であった。

 日本人は外国料理をアレンジして日本の食卓に馴染(なじ)むようなレシピを生み出すのが得意だが、イスラエル人の創造力には驚かされる。日本人の口に合うかどうかは別として、日本食が広まるのはうれしいことだ。

(M)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:51│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ