2017年12月08日

影潜める外国への憧れ

ロシアから

 外国エージェントと聞くと、スパイを連想するのはロシアに限ったことではない。先月外国メディアを「外国エージェント」として登録する新たな法案が可決された。「エージェント」に指定された外国メディアに、活動や資金の出入りの報告を義務付け、法律違反があれば報道活動は禁じられる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 トランプ米政権が、露国営衛星ニュース専門局「RT」の北米総局に対する締め付けを強化したことへの対抗措置である。

 外国文化に憧れすらあったロシアの友人たちと最近は会話が噛み合わなくなった。普通の交流の場でも政治の話題を持ち出せない。プーチン流の民族主義的な愛国教育は確実に功を奏してきているように見える。

 外国に憧れを感じている者はすでに海外に流出している。大多数のロシア人は、国粋的な視点のマスメディアの影響もあり、自国目線でしか海外を見ようとしなくなった。

 だから、ここでは歴史を知らないロシア人に外国人が歴史を語るのはタブーで一番嫌がられる。彼らからすれば、西洋かぶれはただの外国のエージェントでしかない。

 ロシア式プロパガンダの行き着く先は感情論のぶつけ合いだ。多くのロシア人が、アメリカというガキ大将に常にいじめを受けているという不毛の発想に陥るのは本当に残念なことだ。

(N)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:35│Comments(0)ロシア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ