2017年12月12日

ロシア帰化選手の本音

韓国から

 韓国初の冬季五輪となる平昌冬季五輪まで余すところ約2カ月。否が応でも国民の関心が高まるところだが、なぜか高揚感はあまり感じられない。一丸となって成功を願ったあの「パルパル(韓国語で88の意)五輪」(=1988年のソウル五輪)時に比べ明らかに静かだ。かつてのフィギュア女王、キム・ヨナ選手のような国民的スターも不在で、開催国に期待されるメダルラッシュに黄信号が灯っている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 そうした中、話題の人物がいる。前回ソチ冬季五輪でスケートの男子ショートトラックにロシア代表で出場し、金3個、銅1個を取る活躍を見せた韓国出身のビクトル・アン(韓国名・安賢洙)選手だ。アン選手は派閥主義、足の引っ張り合いがはびこる韓国体育界に嫌気が差しロシアに帰化、ロシア代表として表彰台に立った。ところが、今回はロシアの組織的ドーピング問題で個人資格でのみ出場が許されるという憂き目に遭っている。

 韓国・ロシアの狭間で揺れるアン選手に韓国では同情の声も上がっているが、中には「カネ儲けする時はロシア人だが、声援を受ける時は韓国人」という手厳しい指摘も。実力を発揮できる環境にこだわった末の国籍離脱だったが、それを「裏切り」と見る向きもある。スキージャンプ選手の挑戦を描いた映画のタイトルにもなった「国家代表」という言葉に、多くの韓国人はある種の自負心を抱く。アン選手の本音はどうなのだろうか。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:19│Comments(0)韓国・北朝鮮 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ