2018年01月09日

ヒトラーの「併合」から80年

オーストリアから

 今年はヒトラー・ナチス政権のオーストリア併合80年。バン・デア・ベレン大統領は1日の新年の演説で「わが国はヒトラーの犠牲国であるとともに、加害国だったという事実を単に記憶するだけではなく、心の中でしっかりと留めておかなければならない」と述べ、「人種主義、反ユダヤ主義、そして破壊的な民族主義を再び甦(よみがえ)らせてはならない」と強調した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 アドルフ・ヒトラーが率いるナチス政権は1938年3月13日、母国オーストリアに戻り、首都ウィーンの英雄広場で凱旋(がいせん)演説をした。同広場には約20万人の市民が集まり、ヒトラーの凱旋を大歓迎した。オーストリアはドイツに併合され、ウィーン市は第3帝国の第2首都となり、ナチス・ドイツの戦争犯罪に深く関与していった。

 オーストリアは戦後、「モスクワ宣言」を拠(よ)り所として、久しくヒトラーの戦争犯罪の被害国と主張してきたが、ワルトハイム元国連事務総長が出馬した大統領選頃から「世界ユダヤ人協会」から激しい批判が浴びせられた。

 同国がヒトラーの戦争犯罪の共犯者だったことを正式に認めたのはフラニツキー首相(1986年6月〜96年3月)の時である。首相はイスラエルを訪問し、「オーストリアにもナチス・ドイツ軍の戦争犯罪の責任がある」と初めて認めた。

 オーストリアで今年、ヒトラーのオーストリア併合、戦争責任などをテーマとしたシンポジウムや国際会議が各地で予定されている。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:11│Comments(0)ヨーロッパ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ