2018年04月27日

暑い国での冷たい関係

ミャンマーから

 ミャンマーの首都ヤンゴンで音楽学校をやっている知人が、最初にとまどったのはジョブホップするのが当たり前の国柄だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 日本人だと少々のことは我慢して、将来に備えいろいろ準備する。だがこちらは、給料がなかなか上がらないとか、人間関係がまずくなるとパッと思い立ったように辞めていく。突然、降り出す雨季のスコールのようにだ。

 しかも、「立つ鳥、後を濁さず」が日本型辞職の美学なら、こちらは「立つ鳥、泥を残す」というのも驚きだったという。

 なかなかアップしない給料に嫌気がさして辞めたスタッフは、顧客のデータを全部消すという後ろ足で砂をかけるような嫌がらせをして出て行ったというのだ。バックアップはしていたが、直近のデータがなくなって不便を強いられたのは言うまでもない。

 ミャンマーはモンゴルの襲撃を受けたり、隣国タイとの戦争を強いられたり、英国の植民地になったりして、永続的に連綿と続く王朝を持つことはなかった。そういった歴史の影響かどうか分からないが、しばしばミャンマー人はばっさり全部の関係を切って辞めていく。

 日本人であれば、またどこかでつながるかもしれないと思って関係を大切にして辞めていく。だがミャンマー人はメールアドレスもフェイスブックも新アカウントを作って名前を変えてしまうというのだ。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:43│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ