2018年05月11日

巷に出回る仮想通貨

ロシアから

 ロシア国内から見てもロシア経済の底力も、そろそろ限界に近づいているのではないかと感じる。7日のプーチン大統領4期目就任式も、いつもながら「強い指導者」をアピール。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 9日は対独戦勝記念日。そこに集まる誰もが「プーチンより良い大統領はいない」と信じているが、その数日前にモスクワで行われた反政府デモは国内ではほぼ報じられない。国内報道で強調されるのは就任式に大統領が通常使用するメルセデスから国産自動車「コルテージ」に乗り換え、輸入車から国産車製造に力を入れるアピールだ。

 そんな中でプログラミングの仕事をしている友人から、自分の名前を冠した独自の仮想通貨の開発を簡単に始められると聞いて驚いた。ビットコイン(仮想通貨)がロシアでも、24時間稼働のATMで現金に換えられ、6%の手数料でタクシー決算ができるほど巷に広まりつつあるのだ。

 実は、普通なら欧米主導のものにはすぐに政府の規制が掛かるのに、ロシア当局はまだ仮想通貨の規制法案を成立させていない。

 この夏、外国人が訪れるサッカーワールドカップ大会開催に、国力を上げ20億ドルの経済効果を期待し、施設整備に投資しているが、ビットコインなどで外貨流入を期待して法案成立を先延ばしにしているようにも見える。

 外貨を手に入れたいロシア人の知恵がいろんな形で反映されている。

(N)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 13:41│Comments(0)ロシア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ