2018年05月18日

10月からの新会計年度

ミャンマーから

 ベトナムで車のノックダウン(組み立て)工場を取材した折、スコールが降り出したことがある。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

ベトナムで車のノックダウン(組み立て)工場を取材した折、スコールが降り出したことがある。
 屋外にある数台の車両が気になった。エンジンなど精密機械にとって、水は天敵に近い存在だろう。だが担当者は平然と「シャワーテストだな」と言ってのけた。

 いつものことで、この程度のことであたふたするようでは、海外ではやっていけないという雰囲気だ。

 試されているのは、赴任した駐在技師の腹の図太さだと後で感じたことがある。

 中庭のタマリンドの小枝は、ベートーベンの第9をピアノで弾く時のように、激しく波打っている。だが、担当者のほほはピクリとも動かない。

 4月に新年度を迎えたミャンマーでは今年から、会計年度だけ4月から10月に変更になった。

 理由の一因は、このシャワーだ。ミャンマーの雨季は5月から9月だが、朝夕は毎日のように雷とともに豪雨に見舞われる。道路は冠水し、土木現場は泥地と化し足を取られる。

 ミャンマーの課題である道路や橋などのインフラ整備のための建設作業は、この時期には進まない。

 さらに4月は仏教暦の元日がある。もともと新年の始まりは、お釈迦様の誕生日を祝うためのものだった。当然、タイ同様、仏教国家のミャンマーでは長期休暇を取得する人々がほとんどだ。

 いわば、この時期というのは労働環境が劣悪というだけでなく、労働力も不足するなど、予算を策定した政府が道路工事などを発注しても、なかなか工事に着手できないという事情がある。

 ならばということで、ミャンマー政府は今年から会計年度を10月からとしたのだが、その試みが成功するかどうか水物というのが、ヤンゴン市民の覚めた見方だ。

 少なくとも例のベトナム駐在員ならば、シャワーごときであたふたするなと言いそうだ。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 13:23│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ