2018年07月20日

賄賂を拒否した高潔な警官

フィリピンから

 フィリピンの警官と言えば、残念ながら「腐敗」というイメージが常に纏(まと)わりつく。あまりに多い警官による汚職事件がそうさせているのだが、中には高潔さを保っている警官もいるようだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 このほどマニラ首都圏で偽札に絡み、2人の日本人が逮捕された。現地メディアによると、逮捕されたのはマカティ市内の両替商で、偽の米ドル札をフィリピンペソに両替しようとした日本人の男。しかし彼はホテル前でアジア系の人物から破格のレートでの日本円から米ドルへの交換に応じただけで、偽札だったとは知らなかったと主張している。

 そして逮捕からしばらくすると、別の日本人が警察署にやって来て、担当の警官にいきなり5万ペソ(約10万円)を渡し男の釈放を求めてきたという。しかし警官はこれを受け取らず、現金を渡した日本人を賄賂を試みた容疑でその場で逮捕した。

 賄賂を拒否した警官は地元メディアに対し、「警官は高潔な職業。腐敗と引き換えにお金を得ることは簡単だが、失った名誉を取り戻すことはできない」と自分の考えを語った。このような警官がもっと増えて、警察に対する負のイメージが覆されることを切に願いたい。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:44│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ