2018年08月07日

高騰するパリの高級住宅

フランスから

 パリ中心部、凱旋門近くの250平方メートルの高級アパートが5年前の3倍の値段で米国人富豪に買われたと、仏国営TVフランス2が報じた。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)で世界の富裕層がロンドンからパリに熱い視線を振り向けており、パリは今、高級不動産バブルにある。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 ロンドンの不動産が中東や中国、インドの富裕層の投資対象になっているのに対し、パリの場合は、実際に住みたいと思って購入する個人が多い。高級住宅の価格上昇は、昨年誕生したマクロン政権下で経済が上向き、活気を取り戻していることも大きい。

 窓からエッフェル塔やセーヌ川が見下ろせるような高級アパートは以前から人気が高いが、シャンゼリゼ通りに近い高級ブティックが並ぶモンテーニュ通りの100平方メートルを切る物件が、300万ユーロ(約3億9千万円)で売られ、半年以内に買い手がついている。

 外国からの不動産投資が増えている他の理由としては、2024年のパリ五輪開催も後押ししている。物件探しに訪れる米国の不動産関係者が増える一方、中国や中東の富豪たちもパリに来た時の滞在先として購入する例が増えているそうだ。

 10年くらい前からロンドンに比べて価格が安いパリの不動産を買いあさっていた投資家は今、笑いが止まらない状態にある。今やパリは高級不動産では世界で2番目に価格が高いと言われ、これでもしブレグジットに伴い金融関係の富裕層がロンドンからパリに移り住んでくれば、価格はさらに跳ね上がるかもしれない。不動産バブルはしばらく続きそうだ。

(A)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 15:31│Comments(0)ヨーロッパ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ