2018年11月30日

日本人に忍び寄る睡眠薬強盗

フィリピンから

 マニラ首都圏で外国人観光客を相手に横行する睡眠薬強盗。飲み物に入れた強力な睡眠薬で被害者を眠らせて、その隙にATMカードを奪い銀行から現金を引き出すという手口だ。日本大使館の警告にもかかわらず、最近また日本人観光客が犠牲になった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 現地メディアの報道によると、被害者は22歳の日本人男性で、ショッピングモールで3人組のフィリピン人女性に声を掛けられて親しくなり、彼女たちの家で行われる飲み会に招待された。

 そして男性がビールを2本ほど飲むと急に意識を失い、気が付くとすでに深夜となっていたという。

 男性が宿泊しているホテルに戻ると、日本から30万円の現金が口座から引き出されたという連絡を受けた。そして改めて所持していたバッグを確認すると、5万円の現金のほかビデオカメラが盗まれていたことが分かった。

 今回の場合、犯行場所は民家だが、レストランやバーなどで犯行が行われることも珍しくないので注意が必要である。

 いずれにしても普通のフィリピン人が、わざわざお金と時間を割いて外国人をもてなすというのは、ちょっと考えられないことだ。くれぐれも初対面のフィリピン人に誘われても、一緒に食事などに行かないよう改めて注意したい。容疑者らは外国人を騙(だま)すことに長けた、一流の役者であることを忘れないでほしい。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 13:50│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ